nissin. Notes.

トータスⅢ 3.2t BSC32KU 新設工事 

業務効率化の為、リフトの増設をご検討のお客様よりご相談を受けました。

すでに、2ポールリフトをお持ちで、作業できるピットは増設したいが、

コーティングやナビ取り付け等で車両を入れる作業スペースも確保したいとの、お客様のご希望もあり

床面フラットのプレートタイプ トータスⅢをご提案させていただきました。

まずは施工業者と同行し、現地調査から始めます。

○現地にて、リフト設置位置、作業導線、電源、エアー配管の取り回し等を

打ち合わせさせていただきました。

今回は、お客様の方で土間工事業者様をご用意されての、施工となりますので、

工事業者様とも施工内容等の打ち合わせも行わせていただきました。

 s-写真 2018-08-30 14 17 06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○土間工事スタート。

床面にカッターを入れていき、トータスを入れるスペースを掘り込んでいただきます。

s-写真 2018-10-01 9 01 28

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○おおよそ3日間で土間工事が終了致しました。

コンクリートの乾燥時間を考慮し、少し時間を置いてからリフトの設置作業に入ります。

 s-写真 2018-10-03 16 04 38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○乾燥後に、床面の塗装を行っていただきました。(お客様ご用意の業者様にて)

s-写真 2018-10-08 8 58 25

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○リフト設置当日、朝よりユニック車をチャーターして、搬入、設置作業を行います。

綺麗になった床に傷等をつけないように、養生等をしっかりしてからの施工です。

 s-写真 2018-10-08 9 23 24 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-写真 2018-10-08 9 33 10 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○慎重に、ピットに入れていきます。

s-写真 2018-10-08 9 34 33 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○無事に、ピットの収まった後は、電源、エアー配管等の工事を行います。

s-写真 2018-10-08 9 47 35

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

○ピット工事を除けば、1日で設置まで完了いたします。

s-写真 2018-10-08 13 44 38

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

s-写真 2018-10-08 13 43 30 (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は、お客様の休業日を利用して、2週間にわたり、ピット工事、設置工事を

行いました。出来る限り業務に影響の無いようなスケジュールで施工も調整できます。

 

この度は、弊社へご依頼ありがとうございました。

 

 

 

 

 

洗車対応門型リフト ビシャモン WNSA37 納入・設置工事

洗車対応門型リフト ビシャモン WNSA37の設置工事を行わせていただきました。

屋外ピットに設置の為、洗車対応型をご選択いただきました。

通常のNSA37と異なり、洗車作業を行っても耐久性を向上する為

以下の2点を変更している仕様のリフトとなります。

■油圧配管をステンレス製に変更

■スライドアームを亜鉛メッキし防錆処理

今回は、お客さまの方で、既設リフト撤去、土間の打ち直し作業を行って

いただいておりましたので、納入・設置工事を行いました。

無題

 

天井高があまり無い為、クレーンで吊れずに、設置に少し工夫が必要でしたが、

熟練の施工スタッフのおかげで、高さに制限のある場所でも設置可能です。

写真 2018-06-26 15 30 18

(上部フレームから天井まで数十センチしかありませんが設置可能です)

写真 2018-06-26 15 43 20(洗車対応リフトですとこのアーム部分い亜鉛メッキが施されております)

車検機器入れ替え工事 イヤサカ トリニティテスタ ABS-380 ヘッドライトテスター HLT-185

ジャンブルアイチ2018にてご成約をいただきました車検機器の入れ替え工事を行わせていただきました。

バンザイ製のブレーキ、スピード、サイドスリップテスターが入っておりましたが、

老朽化、許容軸重の不足で、最新の試験機を導入いただきました。

今回、導入をいただいたのはイヤサカ サイドスリップ ブレーキ・速度計複合試験機/ABS-380

abs3801

軸重3.6tonの薄型複合テスタ。分離式でも一体型でも設置が可能、また、240mmと薄型なので

省スペース。静音ローラー、チェーン仕様で環境性能も向上。0.75kwモーターの採用で

省電力化も実現した最新モデルです。

また、許容軸重 3.6tですので、軸重が3ton を 僅かに超える車両や中型トラック、パッカー車、

ユニック車なのどの架装車でも、対応可能となります。

 

また、今回はヘッドライトテスター 画像処理式ヘッドライトテスタ/HLT-185(手動式)も同時に導入いただきました。

hlt-185_01

 

UIデザインの一新と業界最大LCD21インチモニタで視認性・操作性を大幅向上し、

ハロゲン、HID、LED(パルス制御式を含む)などの様々な光源にも対応。

高精度な測定でエルボ点の検出も高速化された最新モデルです。

 

今回は極力、車検整備を止める期間を少なくするために、お休みとなるゴールデンウィーク内で施工日程を調整。

お客様がお休みに入る4月28日より工事に入らせていただきました。

20180428_124505

まずは、旧車検機器を撤去する為に、コンクリート床面を掘り起します。

20180428_124518

 

その後、排水、電源、エアー配管の調整、設置を行い、新しい車検機器のサイズに合わせて型枠を組んでいきます。

20180430_093707

その後、コンクリートの流し込み作業、乾燥の為の養生期間を数日間とり、機器設置を行います。

写真 2018-05-07 14 02 18

今までの車検機器よりコンパクトな設計の為、かなり設置面積が小さくなっております。

写真 2018-05-07 13 19 56

無題

設置完了後、検査員の方がに操作説明を行い、無事にお引渡しとなりました。

アナログメーターからデジタルメーターに変更になったり、スクリーン式から画像処理式に変わったりと

今までの検査と異なる点を確認する為、実際に車輛を入れてご説明させていただきました。

 

その後、検査機器入れ替えに伴う各種申請も当社にて行い、納入完了となりました。

 

お買い上げ誠にありがとうございました。

パーツ&機工 展示会 ”ジャンブルアイチ2018” ご来場ありがとうございました。

 愛知県自動車部品商組合主催の パーツ&機工 展示会  ”ジャンブルアイチ2018” ご来場ありがとうございました。

愛知県自動車部品商組合加盟の15社の共同運営となります”ジャンブルアイチ”は今回が2回目の開催となります。

2018年1月27日(土)、28日(日)の2日間で開催いたしました今回も、1500名以上のお客様に来場をいただき

大盛況のうちに閉幕いたしました。

 IMG_2354

 

 第2回目となる今回は ”アスターマーケットの未来はここにある” というテーマで開催いたしました。

機械工具、整備工具、設備、デモンストレーションなど、さまざまな商材やアイデアにふれていただけるジャンブルアイチは、自動車整備業にかかわるすべての方に、我々自動車部品商がご提案できる”ご商売の未来”を感じていただける展示会として開催しております。

 DSC (4)-001

DSC (4)-002

DSC (4)-003

 DSC (4)-004

KTC、空研、ビシャモン、長崎ジャッキ、インターサポートなど、整備業のみなさまにはおなじみのメーカーはもちろんの事、

日頃はご紹介できない工具などが多数展示されております。

IMG_1787

     イヤサカから発売されているフルオートのタイヤチェンジャー     レボリューション タイヤチェンジャー/TCR1S

  レバーレス、センターロック、各種サポートシステムで、大口径ホイールやランフラットでも難なくタイヤ交換が可能な最先端機種です。かなりの高額機種ですが、タイヤ交換の難易度があがる昨今、作業者の負担を低減できる次世代のタイヤサービス機器となります。

LL (2)

画像処理式のヘッドライトテスターも多くの方の興味を引いておりました。HID、LEDと光源が変化する中で、CCD カメラによるランプ正対の自動追尾式は必須となって来ております。スクリーン式のヘッドライトテスターから買い替えをご検討されているお客様が多数おられました。

IMG_2095

 今回、初出展となります”GFCサービス(横浜)”のブースです。ラッピングフィルムの様にはがせる塗料「ペイントラップ」「ミラークローム」「ソフトフィール」などドレスアップの新しい可能性を感じさせてくれる商材でした。

 

写真 2018-01-27 13 01 40

 各種デモ、セミナーも2日間で複数回、開催されました。なかでも多くの方が興味深そうに見入っていたのは、エーミング関連のセミナーでした。

写真はG-SACNを発売しているインターサポートのスタッフによるエーミングのセミナー。

ディーラーなどに頼り切りの先進車両のエーミング作業も正しい知識があれば既存の設備(診断機等)で行う事も可能です。

当日は車輛や時間の関係で実際に作業を行う事はできませんでしたが、担当者に質問している方が多数おられ、関心の高さが伺えました。

こちらのエーミング作業に関する情報、知識、勉強会は、弊社でもお客様に提供していく予定でございます。

 

まだまだご紹介したい商品、商材が山ほど展示されておりました。

弊社、スタッフもお客様にご紹介すると同時に、いろいろと勉強をさせていただきました。

 

写真 2018-01-26 20 15 16

 

寒い中、足を運んでくださったお客様、ご協力をいただきました出展企業の皆様、そして各社部品商スタッフの皆様。

2日間、誠にありがとうございました。

 

 

ジャンブルアイチ2018 開催のご案内 (愛知県自動車部品商組合 主催)

 

img_jumble2018

愛知県自動車部品商組合 主催の展示会「ジャンブルアイチ2018」を1月27日・28日の2日間、開催いたします。

第2回となる今回はテーマを『オートサービスの未来はここにある!!新商品・ノウハウいっぱいの2日間!!』

とし、急速に変わりゆく自動車業界の中で、さまざまなビジネスチャンスを見つけていただこうという趣旨で開催します。

出展する企業、メーカー様は100社以上の展示会となります。

 

< 主なイベント内容 >

■大手工具商社、工具メーカーによる整備工具の展示
■2日間限定 ジャンブル特価品多数
■豪華景品が当たる スタンプラリー開催
■軽食・カフェコーナーのご用意
・松屋の牛丼
・CoCo壱番屋のカレー など
■キッズコーナー設置
■来場プレゼントのご用意 (※来場者カードが必要となります。)

詳しくは、イベントチラシをご覧ください。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

<ご注意>
※入場は無料となりますが、招待状が必要となります。

詳しくは、弊社担当スタッフまでお問い合わせください

 

img_news005

 

btn_download

 

■■ジャンブルアイチ2018 開催の概要■■

名称 ジャンブルアイチ2018
日時 2018年1月27日(土) 10:00~16:00
2018年1月28日(日) 9:00~16:00
会場 ポートメッセなごや 第3展示館
企画運営 愛知県自動車部品商組合加盟 15社
■愛知自動車商事株式会社
■株式会社安藤部品
■有限会社桑山商店
■株式会社交輪社
■株式会社鈴木商店
■株式会社竹川商店
■玉田自動車部品株式会社
■チトセ自動車株式会社
■有限会社日進商会
■菱川自動車工業株式会社
■株式会社細野商会
■株式会社マルゴ自動車商会
■株式会社メイゴ
■株式会社名発商会
■株式会社明和商会

(アイウエオ順)

【イベントに関するお問い合わせ】

愛知県自動車部品商組合 TEL: 052-881-5357 (平日 10:00~17:00)

Webサイト: http://www.abk2009.net


1 / 912345...最後 »